スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度最後の棚田学校!

稲刈りも終わり、のんびりとした雰囲気が漂う棚田。秋の深まりを実感します。そんな折、今年度最後の棚田学校が10月14日(日)に開催されました。

棚田の風景

前回ハサがけした稲をハサからおろす作業の「稲あげ」については、開催日までに雨が降ったりやんだりと変わりやすい天気だったため、事前にスタッフで稲あげを行いました。脱穀の時に稲が乾燥しているかどうかが大切なのです。「変わりやすいのは乙女心と秋の空」とよく言ったもんだなぁ~と感嘆してしまいます。

そういうわけで、今回最初の作業は脱穀です。写真のようにハーベスターの左側から稲をいれるとモミとワラに分かれて出てきます。モミは袋の中へ、ワラは右側に出ます。

脱穀

出てきたワラは写真のように束ねていきます。

ワラを束ねる

ハーベスターは2台しかないため、脱穀作業と同時進行で「ハサ壊し」と季節外れの「ハサの支柱建て」を行いました。

中ノ俣は豪雪地帯!ハサの竹を取り外しておかないとハサがすべて壊れてしまう恐れがあるため、ハサ壊しを行いました。

ハサ壊し

取り外した竹は支柱に立てかけ、まとめて縛ります。

ハサ壊し

実は9月30日に到来した台風17号の影響でハサが支柱ごと倒れてしまいました。ハサの支柱を一から建て直すのはなかなか大変!そのため、人手のある時に支柱を建ててしまいたい!ということで季節外れではありますが、ハサの支柱建ても行いました。ハサの支柱建ても行うハサ作りは、お盆過ぎ~稲刈り前までに行うのが一般的です。

棚田学校の参加者の方からハサの支柱にちょうどいい太さ・長さの杉の木をいただきました。まずは枝が出ている部分や凹凸がある部分をチェーンソーで切ってなめらかにし、杉の皮を剥ぐ作業から。

ハサの支柱作り

杉の皮剥ぎは女性陣の仕事。木にナタで切れ込みを入れ、その部分をひっぱるとキレイに皮がはがれていきます。

杉の皮剥き

その作業の様子を棚田学校最年少参加者の女の子が川柳にしてくれました。

「なたではぐ さけるチーズの杉の皮」

ステキな川柳ですよね!話は変わりますが、今回、棚田学校参加者の方々に川柳を書いていただきました。来年の春にこれら川柳を棚田の展望台へ飾る予定です。ぜひ、力作の数々を鑑賞しに棚田へお越し下さい♪そして、皆さんも棚田で川柳を読んでみませんか?

次に支柱を建てていきます。スコップと同じぐらいの長さまで穴を掘り、そこへ支柱を入れます。

ハサの支柱建て

3分の1まで土を入れたら、重みのある木で土を叩いて土を固めます。それを繰り返して支柱の根元部分をしっかり埋めていきます。

ハサの支柱建て

休憩時間には恒例の小昼タイム!今回の小昼は「ぼたもち」。棚田で採れたもち米“あくでん”を使用した粒あんとゴマのぼたもち。「ぼたもちが食べたかったの!」とすごく喜んでもらえ、美味しそうに食べてくれている様子をみると、作り甲斐を感じます。

つぶあんのぼたもち
ごまのぼたもち

午後からは、もみすりの機械が置いてある共同作業所でもみすり作業。もみすりとはモミからモミ殻を取り除いて玄米にする作業です。

今回ですべての作業が一段落し、夕方からは棚田学校の慰労会。棚田学校の参加者に講師陣が勢揃い!バーベキューに参加者の方が作ってくれた中華スープ、お母さん方の差し入れのおかずの数々が机に並びました。

慰労会

美味しい料理を味わいながら、お酒を飲みかわし、ワイワイガヤガヤと楽しい雰囲気。会の最後には、参加者の方々から一言ずついただきました。ご夫妻で参加されている方からは、「棚田の作業を通して夫婦の愛がより深まりました!」との名言も。いいですね~♪
皆さん、1年間お疲れ様でした!

慰労会

 今回で今年度の棚田学校は終了となります。田の畦塗りから始まり、手作業での田植え、田の草取りに炎天下の中での草刈り、手作業での稲刈りに脱穀と手間暇かけての作業。しかし、手間暇かけて育てた稲であるからこそ、新米を食べられる喜びはひと塩でしょうね。皆さん、来年もよろしくお願いします!新規参加者も募集中です。ぜひ、棚田で一緒に稲を育ててみませんか
スポンサーサイト

第6回棚田学校開催!「稲刈り」

第六回棚田学校が開催されました。今回の作業は、1年間大切に育ててきた稲を収穫する「 稲刈り」です。
今まで晴天に恵まれた中で開催されていた棚田学校でしたが、今回はなんと雨!
雨の中での作業となりました。

まずは、刈り稲を束ねるためのワラの持ち方から学びます。稲を刈り取りながらすぐにワラが取れるように、ワラの束を腰にくくりつけます。このワラのくくり方にもコツがあり、先生に教えてもらいます。
IMGP9090.jpg

ワラと稲刈り鎌を持ったら、練習田んぼへ。稲の刈り方のお手本を見せてもらいます。
IMGP9094.jpg

刈った稲はワラで束ねます。中ノ俣ではこれを「丸ける」と呼びます。この丸け方にもコツがあります。上手く丸けないと結び目がゆるくなり、稲が抜け落ちてしまうため、きつくしっかりと丸けなければなりません。
IMGP9099.jpg

ワラの両端を持ってくるりんと反時計回りに稲をまわしてワラを締めます。簡単そうに見えてなかなか難しい~。
IMGP9096.jpg

このワラを使っての丸け方は地域によって違います!
今回、下越出身の方が稲刈りの手伝いに来られていました。その方は、片手で刈り稲を持ってくるりと回して丸けます。色んな地域の丸け方を調べてみるのも面白そうですね♪

棚田道の参加者は、稲刈り機を使って稲刈りをすることができます。
IMGP9118.jpg

端から時計回りに稲を刈っていきます。なんと!機械が刈った稲を丸けてくれます。やっぱり機械での稲刈りは早いですね。
IMGP9120.jpg

刈った稲はハサにかけていきます。棚田学校で使うハサは6段あるため、高い場所に稲をかける時には梯子を使います。下の人が上の人に稲を投げて渡します。投げ方にもコツがあり、上手くなげないと上の人はなかなか稲をキャッチできません。田んぼの作業には至る所に先人達のコツが隠されています。それを学び得ているかによって作業効率が変わってきます。
IMGP9146.jpgIMGP9147.jpg

このお二人はとても息があっており、あれよあれよという間に稲をかけていきます。さすが!仲良しご夫妻ですね。

今回は雨の中での作業となりましたが、雨の中での作業であるからこそ棚田学校参加者の方々の団結力の強さが分かります!みんなで作業を早く終わらせようと、自分の田んぼの稲刈りが終われば他の人の田んぼに手伝いに行きます。皆さんの協力のお陰で午前中のうちに稲刈り・ハサがけを終わらせることができました。お疲れ様です!
CIMG2836.jpg

昼食は地球環境学校で食べました。参加者の方々から漬け物やフルーツ、ぼたもちなど色々な差し入れがあり、色々なものが回されてきます。
IMGP9155.jpg
どれもこれも美味しくてお腹いっぱい!皆さんもお腹いっぱいのようですが、今回の小昼「とうがんのフルーツポンチ」も召し上がって下さい♪
IMGP9153.jpg

皆さんで和気あいあいと昼食をいただいて、解散しました。

次回は今年最後の棚田学校です。稲の脱穀作業とハサの解体作業です。

来年度の棚田オーナーも募集しています!
棚田学校に興味のある方はこちら↓
http://homepage3.nifty.com/kamiechigo/


第5回棚田学校開催!「ハサ作り」

棚田の稲穂が黄金色に輝きだした8月の終わり、第5回棚田学校が開催されました。

黄金色に輝く棚田

今回の作業は「ハサ作り」。ハサとは稲を掛けるためのもの。ハサに稲をかけてゆっくりと乾燥させることでおいしさが増すと言われています。また、乾燥させることで長期保存が可能になり、粘りや艶、旨味が保たれます。

参加者の方々が集合したら、さっそく講師による「男結び」の結び方講習会がスタート!この結び方はハサの支柱と竹をしっかり固定できるためハサ作りには最適な結び方。講師が結ぶ様子を見ていると簡単そうに見えますが、実際にやってみるとなかなか難しい!参加者の皆さんは、結び方のコツをつかむまで四苦八苦。毎年参加されている参加者の方からは、「この時に結び方を覚えてもまた忘れちゃうんだよね~。」という声も。この結び方をマスターしたら、ハサ作りへ。

IMGP8356.jpg

冬の間もハサの支柱は立てたままにしているため、倒れてしまったり、斜めに傾いている支柱もあります。まずは、そんな支柱をまっすぐに立て直す作業を行います。倒れてしまった支柱は作り直したり、取りかえたりします。

IMGP8369.jpg

IMGP8384.jpg

支柱をまっすぐに立て直したら、横に竹を結びつけていきます。ここで「男結び」の出番です!支柱と竹を男結びでしっかりと固定します。
竹は長いため、竹を支える人と紐を結ぶ人に分かれ、みんなで協力してハサを作っていきます。

IMGP8382.jpg

IMGP8385.jpg

1段、2段、3段・・・と竹を結びつけていきます。6段目、7段目になると「この高さになるとなかなか怖いねぇ〜」と作業をする方はドキドキです。

IMGP8444.jpg

作業の合間の休憩中には毎回恒例となっている小昼タイム。今回の小昼は「笹押しずし」です! シイタケ、紅ショウガ、錦糸卵にしば漬けが上にのっています。炎天下の中作業をする参加者の方々に力をつけてもらいたいという思いで小昼を作っています。毎回、小昼レシピも配っています。レシピを見たお母さん方が「家でも作ってみたいわ〜」と、笹を採って帰られていました。

IMGP8431.jpg

皆さんの協力により、午前中のうちに3カ所にハサを作ることができました。
次回の9月23日(日)開催の棚田学校は「稲刈り」。4月より丹精込めて作ってきた稲を刈ります。
1回のみの参加も受付ています。

棚田学校に興味のある方はこちら↓
http://homepage3.nifty.com/kamiechigo/

田の草取り・流しそうめん交流会

7月15日、第4回棚田学校を開催しました。今回の作業は「田の草取り・畦の草刈り」。作業後は毎年恒例となった「流しそうめん交流会」を実施しました。

今回は、一日体験参加者が17名参加してくださいました。
棚田学校のみなさんはもうすっかりお手のものの「田の草取り・畦の草刈り」ですが、一日体験の皆さんは当然初心者。まずは、講師の先生から一日体験参加者さんたちに田の草取り、畦の草刈りの方法を指導してもらいました。
120715 ④草取り、流しそうめん 004(サイズ変更)

ひととおり田の草取り、畦の草刈りを習ったら、一日体験参加者さんたちは「田の草取り部隊」「畦の草刈り部隊」に分かれて、棚田学校の皆さんの田んぼの応援をしてもらいました!
120715 ④草取り、流しそうめん 015(サイズ変更)

除草剤を極力使わないため、毎年毎年大変な思いをしている草取り作業ですが、人数が多いとその分一人の労力も軽くなります。これぞまさに「結い」のこころだと実感しました。
120715 ④草取り、流しそうめん 005(サイズ変更)

途中、突然のどしゃぶりの雨に合いながらも、もうすっかり草取りに夢中になっているみなさんは手も止めず作業を続けていました。そういえば中ノ俣の方も「雨降りでも草取りはできる」とよくおっしゃいます。雨ふりでも田んぼに出るくらい休まず働くということですから、山里の村人たちの精神力には脱帽です。

…今回は早めに午前の作業を切り上げて、昼食も兼ねた「流しそうめん交流会」の準備に移ります。
棚田は平場の一反田んぼと違い、農薬の有無、水を溜めているか・流しているか、草刈りしてあるか・していないかなどなど、一枚の田んぼの環境がおとなりの田んぼの環境に影響を与えやすいため、みなさんそれぞれの区画で田んぼをしていても、全員でひとつの「棚田」をやっているとも言えます。毎回一緒に田んぼの作業をしている「棚田学校」の参加者さんたちにも、みんなでひとつの「角間の棚田」で稲作をしているというこころを感じてほしいなぁ、ということで年2回程の交流会を開催しています。
120715 ④草取り、流しそうめん 037(サイズ変更)


当日は棚田学校で用意した食材以外にも、参加者さん、講師の皆さんたちが漬物、天ぷら、ちまき、枝豆等々たくさんの差し入れも持ってきてくださり、大賑わいの食卓になりました。いつもありがとうございます!そうめんといっしょにトマトやフルーツ、かにかま、ところてんも流れていましたよ。
120715 ④草取り、流しそうめん 039(サイズ変更)

流しそうめん交流会終了後は、棚田に戻って草取りの続きをする方、会場に残って談笑する方、中ノ俣川へ川遊びに行く方など、みなさん思い思いの時間を過ごし、中ノ俣での時間を楽しんでいきました。

次回の棚田学校は8月26日(日)開催、内容は「ハサづくり、畦の草刈り」の予定です。
一日体験の参加者も随時募集しています。
新潟県の山里「中ノ俣」の棚田を守りながら、おいしいお米づくりに参加してみませんか?

棚田学校に興味のある方はこちら
http://homepage3.nifty.com/kamiechigo/
プロフィール

かみえちご山里ファン倶楽部

Author:かみえちご山里ファン倶楽部
新潟県上越市の西部中山間地を中心とした自然、景観、文化、及び地域の農林水産業を「守る、深める、創造する」ことで豊かな地域文化を育むNPO法人です。
 茅葺き古民家改修や小正月行事の復活などを中心とした伝統文化・行事・技術の保全や、地元産業の復興をめざし生産組合など様々な地元の活動団体への支援やコーディネートを行なっています。
 また、上越市から地球環境学校、くわどり市民の森の管理運営などを受託しており、
市との連携活動はもちろん、独自のネットワークを生かし、中山間地と首都圏を結ぶお手伝いもしています。

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。